この任意保険というものは強制保険の自賠責保険とは違って、自賠責保険では補うことが難しい補償が可能になる必要性の高い保険といえます。この任意保険の注意点は自賠責保険の上乗せという役割で機能しますので、自動車損害賠償責任保険の支払い限度額を超えた場合に登場します。また、自賠責保険では物的損害に対しては補償を受けることができないので対物損害を補う場合は入る必要があります。もう任意保険の保険料を支払っているクルマを買い取ってもらう際は国内メーカーの自動車でもイタリア車ということは関係なく残っているお金が還付されます。日本の自動車を査定に出す場合でも同様です。自動車損害賠償責任保険の場合基本的には放っておくのが常識ですが任意保険というものは全ての人がかけるものではないですから、中途解約になります。そして、キャンセルした後は今現在 納付済みの残っているお金が返金されるのです。車の売却が決まったと言っても即保険をキャンセルするというのはリスキーです。当たり前ですがすぐに解約すればその分返還される金額は増加しますが、車店舗が離れた地域にあり、自ら運んで行くような時は、保険なしで自動車の運転をする必要があります。リスクを考えて、必ずこの先自ら運転をすることはない状況になる時まで契約の解除手続きはされないようにしなければなりません。中古車を売り、すぐに新しい自動車を買う場合だったら構わないと思いますが、しばらく車の運転をしないような状況が続いて任意保険に加入している意味がなくなってしまったら任意保険に入っていない期間があると以前に続いていた任意保険の等級が下がるため、保険料が増えることがあります。こういった状況は「中断証明書」を提示してもらうようにする必要があるんです。この「中断証明書」を使えば一定期間は契約解除前の等級を継続することができるのです。そして、13ヶ月以内であれば発行してもらうことができるのでもしも今現在で車を売却済みで、「中断証明書」を発行されてもらっていない場合はその保険会社やその代理店に中断証明書を発行していないことを伝えてください。新しく車を買って、それから以前乗っていたクルマを廃車してもらうのでしたら、任意保険は片方のみの契約となります。保険の切り替えになるため、運転する必要がある愛車の場合、買取までには注意しなければなりません。さらに任意保険の保険料は車の種類などで価格が少し変化してきますからクルマ引き取りのさいは任意保険の保険料を検討してみる良いタイミングなのです。